豊富な実績と信頼の歴史

会社情報

人の生活の源は、健康と安全、そして、それを支える環境。

これを理念に揚げ、商社として何をなすべきかを考え、数々の製品のご提案から、医薬品原料・健康食品原料・工業薬品・試薬・体外診断用医薬品など、お客様の要望に応え、世界に貢献する企業を目指しております。
国内外を問わず、日々めまぐるしく変化してゆく現代社会の中で、お客様の要望は多岐にわたっております。国内外の法の遵守は勿論のこと、環境に配慮し積極的にリサイクルに取り組むと共に、エネルギー節約等にも細心の注意を払っております。明日の日本、明日の世界の人と地球を守る為、人と人をモノとモノを繋ぐ架け橋となるべく日々努力いたしております。

会社名
一丸貿易株式会社
創 業
昭和34年(1959年) 8月
資本金
2,500万円
所在地
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2丁目3番7号 大拓ビル14 2F
電 話
06-6201-0612 (代表)
ファックス
06-6201-0616
URL
http://ichimarutrading.co.jp/
Eメール
取引銀行
三井住友銀行
大阪中央支店
大垣共立銀行
大阪支店
三菱東京UFJ銀行
船場支店
役員名
代表取締役社長
山崎 太
取締役
坂田 章一
取締役(非常勤)
北島 信吾
監査役(非常勤)
北島 美津子
事業内容
医薬品原料、工業薬品、試薬、健康食品原料、化粧品原料の輸出入販売。打錠機、大型ボルト等の輸出。
主要輸出入国
アメリカ、カナダ、EU各国、東南アジア、オセアニア、韓国、台湾、中国、南アフリカ、その他。
営業等業務
ライセンス
医薬品販売業許可証
[許可番号 第B11910号]
第二種医薬品製造販売業許可証
[許可番号 第27A2X00130]
毒物・劇物一般販売業登録票
[登録番号 第HB11910号]
毒物・劇物輸入業登録票
[登録番号 第1132号]
麻薬等原料輸入業者業務届受理証明書
[大阪第51ー3号]
麻薬等原料輸出業者業務届受理証明書
[大阪第52ー6号]
加盟団体
日本薬業貿易協会
大阪医薬品元卸商組合
関連会社
一丸ファルコス 株式会社
〒501-0475 岐阜県本巣市浅木 318ー1
電話:058-320-1030
代表取締役社長 安藤 芳彦
資本金 9738万円
業務内容:化粧品原料、健康食品原料および医薬部外品原料の研究開発、製造販売ならびに輸出入。
住所

:大阪市中央区伏見町2丁目3番7号 大拓ビル14 2F

電話

06-6201-0612

最寄り駅

:大阪市営地下鉄堺筋線 北浜駅/京阪本線 北浜駅 6番出口から徒歩3分
大阪市営地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅 13番出口より御堂筋を横断して東へ徒歩7分
京阪中之島線 なにわ橋駅 4番出口から徒歩7分

営業時間

:8:50~17:30(土日祝休み)

沿革

昭和34年8月
1959年

一丸貿易株式会社の名称で資本金50万円をもって、大阪市東区平野町2丁目11(道修ビル)において設立。
医薬品原料を主体に、化学工業薬品全般にわたる輸出入業務を開始。

昭和40年1月
1965年

資本金200万円に増資、代表取締役に 安藤 弘 就任。

昭和42年10月
1967年

本社を大阪市東区平野町2丁目27 石元ビルに移転。

昭和43年12月
1968年

資本金520万円に増資、(株)安藤薬業公司(本社:岐阜)と天然産物(動物・植物由来)の応用に関する共同研究について業務を提携。

昭和47年4月
1972年

本社を大阪市東区伏見町2丁目19 Jビルに移転。

昭和47年9月
1972年

資本金 1,040万円に増資。

昭和48年3月
1973年

(株)安藤薬業公司、高富工場の譲渡を受け当社、岐阜工場と改め、これを機に、本社、岐阜営業所、岐阜工場の事業部制を採用。

昭和56年3月
1981年

事業部制を廃止し、本社を現・一丸貿易株式会社とし、岐阜営業所、及び岐阜工場を一丸ファルコス株式会社として分離設立登記。
一丸貿易株式会社の代表取締役に 馬場 満治 就任。
資本金を2,500万円に増資。
一丸ファルコス株式会社の代表取締役社長に 安藤 裕 就任。

昭和57年9月
1982年

米国向け健康食品原料の輸出業務、大幅に増加。

昭和58年3月
1983年

欧米よりの輸入業務軌道に乗る。
厚生省への毒物・劇物輸入品登録、950品目を超える登録を完了。

昭和61年3月
1986年

代表取締役社長に 安藤 裕 就任。

昭和62年9月
1987年

輸出入業務にて培った実績を基盤とし、国内外化学メーカー製品を国内ユーザーに提供する為、新たに化学品部を設置し活動を開始。

昭和63年5月
1988年

代表取締役社長に 北島 信吾 就任。

平成元年3月
1989年

高純度化学薬品を軸として輸出入業務を拡大。

平成4年3月
1992年

欧米を中心とし、一般試薬・生化学関連試薬等の輸入を更に充実。

平成6年3月
1994年

米国向け高純度化学薬品の輸出、大幅に増加。

平成10年4月
1998年

中国向け電池生産用打錠機の輸出商談拡大。

平成12年3月
2000年

米国、カナダ、東南アジア向け精密高純度化学薬品輸出業務一層拡大。

平成18年5月
2006年

大型ボルト、ナット、座金の輸出開始。

平成21年4月
2009年

代表取締役社長に 山崎 太 就任。

平成23年1月
2011年

中国、ウクライナからの試薬等の輸入業務を拡大。

平成28年4月
2016年

毒物・劇物輸入品目許可、4,226品目登録完了。